上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
転載



「タイムマシン可能」ニュートリノ実験結果に専門家ら驚き
産経新聞 9月24日(土)7時56分配信

 名古屋大などの国際研究グループが23日発表した、ニュートリノが光よりも速いという実験結果。光よりも速い物体が存在することになれば、アインシュタインの相対性理論で実現不可能とされた“タイムマシン”も可能になるかもしれない。これまでの物理学の常識を超えた結果に、専門家からは驚きとともに、徹底した検証を求める声があがっている。

 ◆概念変わる?

 「現代の理論物理がよって立つアインシュタインの理論を覆す大変な結果だ。本当ならタイムマシンも可能になる」と東大の村山斉・数物連携宇宙研究機構長は驚きを隠さない。

 アインシュタインの特殊相対性理論によると、質量のある物体の速度が光の速度に近づくと、その物体の時間の進み方は遅くなり、光速に達すると時間は止まってしまう。

 光速で動く物体が時間が止まった状態だとすると、それよりも速いニュートリノは時間をさかのぼっているのかもしれない。すると、過去へのタイムトラベルも現実味を帯び、時間の概念すら変更を余儀なくされる可能性もある。

 それだけに、村山氏は「結果が正しいかどうか、別の検証実験が不可欠だ。実験は遠く離れた2地点の間でニュートリノを飛ばし、所要時間を計るというシンプルなアイデア。正確さを確保するには双方の時計をきちんと合わせる必要があるが、これはそれほど簡単ではない」と語る。

 ◆新たな一歩に

 スーパーカミオカンデ実験を率いる東大の鈴木洋一郎教授も「別の機関による検証実験で、結果の正しさを確かめることが大事だ」と慎重な姿勢だ。

 鈴木氏は、昭和62年に小柴昌俊氏がニュートリノを検出した実験で、超新星爆発で出た光とニュートリノがほぼ同時に観測されたことを指摘。「両者の速度に今回のような違いがあるとすると、ニュートリノは光よりも1年は早く地球に到達していなければおかしいことになる」と語る。

 実験に参加した名古屋大の小松雅宏准教授は「実験に間違いがないかと検証を繰り返したが、否定できない結果になった。公表することで他の研究者による検証や追試が進み、物理学の新たな一歩につながれば」と話している。

【用語解説】相対性理論

 アインシュタインが、1905年に発表した特殊相対性理論では「物体は光速を超えることはできない」「光速に近づいていくと時間の流れが遅くなり、光速になると時間が止まる」「光速に近づいていくとその空間(長さ)が縮み、光速になると、空間が0になる」などの結論が導かれる。


転載終わり

変わりゆくのを感じます。


スポンサーサイト
2011.09.24 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今月に入ってから台風がたくさん日本へ向かってやってきました。

今年はよく天気予報をみていますが、
台風が二つ同時に発生してるのが不思議でなりません。

以前からこのようなことは頻繁にあるのでしょうか?

先日の台風で、交通手段がなくなって帰宅できない「帰宅難民」といわれる方々が駅のホームで立ち尽くしているのが報道されていました。

この帰宅難民となってしまった方々の中でどれくらいの人が、日々当たり前になってしまった電車や穏やかな天気に感謝したのでしょうか。

災害や原発、先行き不透明なこのご時世のこの出来事は、自分の人生にとって何を意味するかを考えることによって、希望が生まれます。

直面した出来事の意味を今一度考えて見られてはどうでしょう。
2011.09.23 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
にんげんクラブの全国大会で横浜にきております。第1日目が終わり、有意義な一日を過ごすことができました。

岡田多母さんの講演にウルウルと心を揺さぶれるところがありました。


生体エネルギーのお話はまだまだ勉強不足でほとんどわかりませんでした。


しかし、生体エネルギーの家にはすごく惹かれました。


建築屋の我が家にとっては、大きな転換点になるかもしれません。


明日は船井幸雄先生が登場されるようです。非常に楽しみです。


ところで、井口和基さんのブログでHAARPモニターで大きな地震電磁波が見られます。日本方向です。地震の条件がそろった上に、これはきついです。

明日のにんげんクラブのオオトリは中矢伸一さんです。ひふみ祝詞で大難が小難無難になることを願ってやみません。

今日の岡田多母さんの講演でも、大丈夫だとおっしゃっていたので、それを信じたいです。

よりによって、私は今日、明日とも横浜です。不安が倍増しますが、祈るしかありません。
2011.09.10 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
「地震が起こりそうな条件がそろってきた」という内容が書かれたブログをここ数日見かける。


エレニン彗星接近
太陽の巨大フレア
魚などの大量死
電磁波やHARRPの地震波などなど


3・11に照らし合わせると非常によく似ている。

3月9日頃から東北に大きな地震が起こり始めた。

そして、昨日の9月7日に浦河冲で震度5強の地震があった。


まさか?!次は北海道??
(ふと頭をよぎったのは。。。六ヶ所村は大丈夫かしら?)



いや。。。地震とはそう簡単なものではなさそうなので、どこ起こるかわかりません。

日本だと決めることもできない。


今日の午後から太陽フレアの影響が地球に到達する可能性もあるので、気をつけたいものです。

コルマンインデックスの第6の昼に入っていますね。

コルマン博士は、大きな出来事は昼に起こるとおっしゃっていましたね。

大難が小難無難であることを祈りたいです。
2011.09.08 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
明日からエレニン彗星が見えるようになるようです
2011.08.30 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。